TOP > BLOG一覧 > 【BLOG】データのみはありません!?

BLOG

2017-08-10

【BLOG】データのみはありません!?

こんにちは。9月より大阪の会場でお仕事をさせていただくこととなりました。ということで8月はちょっとのんびりしておりますが、毎日きちんと準備、お仕事はしていますよ。

先日、結婚式のお手伝いをさせていただいた新婦様にお会いする機会があり結婚式当日の幸せなお話を伺うことができました。あとは打ち合わせの大変さやトラブルなど無かったかを聞いていると気になるお話が。『写真の打ち合わせの際、会場の写真スタジオの方との打ち合わせでどうしても融通を聞かせてくれなくて。』どういったリクエストを出したのか聞いてみると、とにかくアルバムは絶対に見ないから必要ない。撮ったデータだけを納品していただけませんでしょうか。といった内容。まあ撮影をしているのであればデータはある。だからそれだけ欲しい。う~ん、間違っていないですね。笑 しかしプライスリストには『データのみ』の販売がないから販売できませんの一点張り。皆さんならどう考えますか。

結果からお話しすると、少し金額を下げて『データのみ』を販売してくれたそうです。会場や写真スタジオの方からすると『イレギュラー対応』であったと思います。新婦様がおっしゃるには、『スタッフの方がマニュアル通りの対応だけで自分たちの想いや、要望に応えてくれようという姿勢が全く感じられなかった。』そりゃ一生に一回の結婚式ですから、それくらい聞いてくれて、何とかカタチに変えて差し上げるのが当たり前だ!と思うのは私だけでしょうか。

もちろん私も会場でプランナーをしていましたからそのあたりの事情はよく分かっているつもりです。会場にはルールが多数あります。でもそのルールのほとんどは会場を守るために作られたルールであって、すべての商品を知らずに契約をしてしまった新郎新婦様は会場側のルールに結婚式当日まで従うしかないのです。という書き方をすると結婚式場がとても悪く思えてきますが誤解しないでくださいね。

新郎新婦様は結婚式に関して、知っているようで知らないこともたくさんあります。プロのプランナーとして、プロのドレススタッフとして、その他にもメイクやフローリスト、カメラマンなど全スタッフがまずは新郎新婦様の言葉に耳を傾けるべきではないかと思います。当たり前のことを言っているようですが、意外とマニュアルにだけ忠実で『結婚式』という重みが日常になりそういった対応があることも事実です。そういった際にはやはり信頼関係のきちんとあるプランナーに相談することから始めてはいかがでしょう。頼れるプランナーさんであれば、おふたりに代わって交渉や代替案など提案してくれるはずですよ。

関西・神戸・大阪フリープランナー 僕らのウエディング!黒木 学

  • NEWS一覧
  • BLOG一覧
  • MEDIA一覧