TOP > BLOG一覧 > 【BLOG】パパとママの結婚式

BLOG

2018-09-20

【BLOG】パパとママの結婚式

昨年の夏にご縁あって出会った新郎新婦様。
おふたりとの出会いのきっかけは私が大学生の頃から変わらずお世話になっている大阪にある美容室で。
カットを担当してくれているオーナーとは15年以上のお付き合い。そのオーナーが担当しているお客様が花嫁様でした。
私がフリープランナーとして活動していることをオーナーが覚えていてくれ『そういえば今度、うちのお客様が結婚式をするって言ってましたのでお繋ぎしましょうか。』と。
そんなところからご縁があるなんて思ってもみなかったので、とても嬉しく何かお力になれると良いなとワクワクしたのを覚えています。

話しは少しそれますが、美容室って『何かしゃべらないといけない』というプレッシャーないですか?会場プランナー時代に異動先の名古屋、横浜の美容室に新規のお客としていくことがあったのですが、落ち着かなかった。笑
スタッフさんも何とか会話をつなげようと内容のない話しをしていたなあと。。。あと『シャンプーやコンディショナーオススメのがあっていかがですか?』とか。落ち着かなさすぎる。笑

時が経っておふたりをご紹介いただきお会いすることに。お会いしたときに『仏前式』『京都』『ホテル』というキーワードをいただき会場探しからスタートすることになりました。
いただいたキーワードは私にとって全てが新鮮そのもので、やる気に満ち溢れていたのと反面、不安も少なからずありました。
いや正直なところ不安の方が大きかったと思います。
挙式スタイルの違い、得意としていた神戸エリアでもない、ゲストハウス勤務だった6年間。ホテルは学生の時にアルバイトをしていて何となくのイメージくらいしかない。
そこで一つ決めごとを作りました。『わからないことは聞く。わからないまま進めない。』
一番大切にしている『信頼』を損なわない為でした。

ご依頼から約1年。結婚式当日、おふたりのお席の間には1台のベビーカーが置かれていました。そう、パパとママのハレの日をニコニコしたり泣いたりしながら温かく見守ってくれる天使のようなお子様も結婚式の主役の一人になったのです。

結婚式を通して『人の想い』に勝るものは何もないと感じました。
特別な演出も、華美な装飾も、手の込んだ映像やサプライズも何にも要らない。
おふたりの結婚式への想い、おふたりを今日まで育ててこられた親御様の想い
おふたりの事を小さい頃から知るご兄弟や親戚のおじさんやおばさん。
花嫁様のドレス姿をみて『お姫様みたい』と目を輝かせる甥っ子姪っ子ちゃん。

ご事情あって結婚式を取りやめると悩まれた時期もありました。
主役のおふたりより誰よりも結婚式を心待ちにしておられた花嫁様のお父様も、当日まで本当に本当に良く頑張って下さいました。晴れて念願だった皆様とのお写真や結婚式を迎えられたこととても嬉しく思います。
ご参列が難しいといわれていた新郎様のお兄様も遥々駆け付けて下さいました。土日の大変いそがしい中、お店の予約をストップまでして来てくれた美容室のオーナー。花嫁様の一つの夢が叶った気がします。
おふたりの想いが人の心を、身体を動かすのだと。

『とにかく無事に今日という日がご家族皆様で迎えられて本当に良かった。』
もうこの言葉以外思い浮かびませんでした。

おめでとうございます。本当におめでとうございます。これからもどうぞ健やかにお幸せにと願うばかりです。

  • NEWS一覧
  • BLOG一覧
  • MEDIA一覧